住所  豊田市松ヶ枝町2−21−2
 電話番号  0565−42−2567
 営業時間  11:00〜14:00 17:30〜21:30
 定休日  月曜日
 駐車場  完備
 official blog
クリックでオープン


▲ 
猪肉の三色汁なし担担麺(胡麻なしオールドタイプ) ※ 期間限定


突き刺さるようなラー油の辛味に花椒の痺れ感が心地良い…嘘。かれ〜よ(汗)最近、辛いモノ苦手かも。猪肉のミンチは美味いね〜付属のライスに炒り卵と一緒にIN。ご飯がススムススム。

 
逆二八の金運そば


ダシうまぁ〜。ギリギリ酸っぱくない濃厚な魚介の風味がもう最高。カエシは強めだけど、醤油の風味とスープのバランスがもう絶妙。麺?金箔?どうだったか忘れてしまうほどドストライクな味だったなぁ。揚げたての海老天と大葉の巻物に鴨肉、それにダシの効いた出し巻き玉子も美味かった〜。

 
オイル漬け〆サンマのゆず玉つけ麺(レア市ばん豚チャーシュー付&骨マシ)


つけダレは、前作の出汁の効いたアッサリタイプの方が好き。でも、トータルバランスで今年の方が好みだな。玉子でトロンとした爽やかスープと〆サンマの相性が抜群だね。サンマは増し設定があったらおもいっきり増したのにな。激ウマです。来年はどんな仕立てになるんだろ?楽しみ。

 
つけ麺(山六味) & 猪肉のキーマカレー(期間限定)


イメージとしては以前提供していた「つけ麺 黒」に近いのかな?甘みとキリッとして醤油の風味が特徴的で、酸味が効いていることもあって味わいはあっさり。香りはあまり立たないけど、魚介の旨味と鶏の風味をしっかりと楽しめる「なな家さん」らしい、重厚感のある仕立て。自家製の麺は、むみゅ〜とした伸びがあって食感は柔もっちり。香りも良く、スッキリとしたつけダレとの相性も◎猪肉のキーマカレーは、自分にはやや辛めかなぁ。たっぷりの猪肉と大豆でなかなかの食べ応え。カレーの風味にも負けない野菜の甘みも楽しめたし、香りが凄く良かったのが印象的。背脂と醤油ダレで和えられた麺とカレーとの一体感は流石だね。

 
冷しマタギ 塩


当然だけど「冷しマタギそば八丁赤だし」よりも猪と魚介出汁のフレーバーが凄く鮮明。ドッシリとした濃厚なスープだけど、飲み口はあっさり。え?ごま油?って一瞬の不安も、なんのその。このスープに凄く合ってるね。猪チャーシューも相変わらずうまいなぁ。

 
三州マタギそば Light Asian 〜真夏の欲望〜 パクチー増し×2
冷しマタギそば 八丁赤だし


「甘」「辛」「酸」のバランスが絶妙だなぁ。パクチーも根っこの部分から葉までしっかりと使われているし、何よりフレッシュ。パクチー好きにはたまらないね〜これは。スープの質感もよくわかるし、爽快な飲み口が超好み。冷しは、スープがデロンデロン。味噌の濃さがクローズアップされているけど、スープ自体が凄く濃厚。ドロンとした飲み口もあってか、妙に重かったなぁ。

 
WILD POWER CURRY
〜猪肉をボロボロに煮込んだ第六感ブレンドスパイスカレー


給食のカレー云々というPOPから、優しい感じの味かな?と思ったら、なかなかスパイシーで大人味。猪肉と野菜の甘味がしっかりと溶け込んでいるのがわかるコク深い味わい。香辛料の風味も食欲を掻き立てて食が進むススム。自家製麺は、もっちり。背脂とカエシで和えてあって、そのままでもイイ感じだね。カレーとの相性も◎夏野菜は揚げたて熱々。猪のヒレカツは、牛カツを食べているような不思議な感じ。〆は、ライスに残ったルーをかけて綺麗に完食。暑い日に熱くて辛いモノを食べて汗をかくのもたまにはイイよね。

 
冷し中華そば「純朴」市ばん豚マシ


う〜ん、山六出汁ってやっぱ美味いなぁ。カエシが効いていてしっかり味だけど、味が濃いとかショッパイとか全くないんだよね。トロンとしたスープの質感から動物系スープが使われている事がわかるけど、冷たいと素材感を捉えるのは難しいね。香味油は牛蒡。これはイイネー。フレーバー感が素敵。豚チャーシューはしっとり肉味しっかり。揚げた牛蒡も良いアクセントだったな。もちろん、自家製麺も◎

 
市ばん豚の冷しぶっかけそば 稚鮎甘露ごはん付


決して出汁が弱い訳ではないけど、ラー油が思いのほか辛いから舌がピリピリして途中から、出汁の風味を見失っちゃうなぁ…とは言え、スッキリとした味わいと塩気、それに辛味とで牽引力は凄いね。豚肉美味いね〜肉味しっかり、しっとり食感。増せば良かった。茹でキャベツは、何か味が付いていたような記憶。パツン、キュッと締まった食感の自家製麺もイイネ。甘露煮はご飯が進む進む。インゲンの胡麻和えもウマシ。残ったスープをご飯に入れると何気に美味かったなぁ〜。

 
つけ麺 IEK TOMATO 大盛 タンドリーチキン増し


トマトを使ったスープレスや清湯は過去にあったけど、白湯+トマトは初だよね。つけダレは、濃厚なスープをアッサリさっぱりと食べさせるスッキリ仕立て。ニンニクを少量使っているのかな?風味も良いし、好物のトマトがたっぷりと使われているのが嬉しいなぁ。タンドリーチキンは、香ばしくスパイスの効いたもの。もう少し柔らかかったら良かったな。数量限定ゲリラ的に提供された蛙…普通に美味いけど、鶏のほうが良いです、はい(汗)

 
参州マタギそば 〜 2016初夏の戯れ 〜


爽やかな酸味にピリッとしたキレのある辛味が特徴的。猪の存在感はカエシに飲まれ気味かな?少し小難しい感のあるスープだね。チャーシューは相変わらずの美味さ。チュルッと喉越しの良い麺は◎

 
あさり系マタギそば


アサリ出汁とジビエスープの相性って凄く良いんだね。味が深いなぁ〜。絶妙な食感のアサリに歯応えのある猪肉、それに行者にんにくとの相性もイイネ。ブラックペッパーがキリッと味を引き締めていてスパイシーな味わい。自家製麺も良いと思います。

 
サクラ印のシシ南蛮つけ麺(塩わさび)大盛 ※ 期間限定


爽やかな香味油が効果的。さっぱりとしたつけダレは、出汁がしっかりと効いたアッサリ大人仕立て。ワサビを投入すれば爽快感がさらにUP。麺は、前回ほど香りが口の中に広がらなかったけど、喉越し食感共に◎つけダレとの相性も上々だね。猪肉もウマシ。

 
サクラ印のシシ南蛮つけ麺 ※ 期間限定


何で大盛にしなかったんだろ。桜葉を練りこんだ、この麺美味いわぁ。ほんの少しかけられたポン酢と相まって、凄く爽やか。喉越し、食感共にイイネイイネ。夏の冷やし系のメニューにも合いそうだなぁ。つけダレは、甘みの強い醤油ダレに魚介出汁、それにプルンと食感の良い猪の脂と猪肉を炒めた時にでた脂がIN。さっぱり、旨味濃厚、香り良し。麺との相性も◎さっと炒めた猪肉も美味。これも増せば良かった〜。

 
参州マタギそば「マルカ味噌」@豊田越戸 ※ 期間限定


味噌味ガッチリ硬派な味わい。じっくりと味わえば素材感もわかるけど、牛蒡の風味と味噌が自分には少し強いかな。猪肉のチャーシューは相変わらずの逸品。

 
牡丹「桝塚味噌」土鍋煮込みラーメン ※ 期間限定


味噌味全開!味濃いめ!ではなく、スープの質感をしっかりと味わえるアッサリ仕立て。厚みも凄いけど、コクが凄いスゴイ。猪肉も美味いなぁ。麺は、IEKつけ麺用のモノを流用だって。コトコトと煮込んでもヘタレないムッチリ食感。途中で、ほんの少しだけ卓上のにんにくオイルを投入して完汁。暖まるなぁ〜。

 
SSランク ロースト付 「マタギ塩つけ麺」 ハラミ&内臓入り ※ 期間限定


この時の猪肉を遥かに越える、凄い肉だったなぁ〜。超感動レベル!肉の旨味を更に引き立てる塩加減も絶妙!参りました。つけダレも質感ガンガン、麺もうまっ!

 
参州マタギそば プレミアム 塩U


エグミを一切感じさせない、甘みある煮干しの旨味に猪スープのコク、まろやかな塩ダレに自家製麺…しっかり美味いんだけど、なんだか小難しいスープだなぁ(汗)

 
「なな家的ジビエ新ジャンル中華そば」 Sono壱
猪骨×キンキの自家製煮干しの出汁 ※ 期間限定


香りだけで美味さを確信できる、一杯。スープは、フルスペック悩殺ボディ。味の輪郭がクッキリとしていて、旨味が濃厚。上品且つ繊細、それでいてパワフル。チュルンと喉越しの良い自家製麺に、猪肉チャーシュー。それにほんのり出汁の味が染みた味玉子も逸品。美味しかった〜。

 
「今日だけのIEK塩味」猪肉ドッカンのせ ※ 大盛 海苔増し 味玉子 ※ 期間限定


この時の衝撃が再び…と書きたかったけど、自分的にはデフォのIEKより少し濃いかなぁ〜って感じ。いや、しっかりと美味いんだけどね。自家製麺、旨いなぁ。ほんの少しだけ臭気が気になったけど、モッチリとした食感でスープとの相性も◎一際存在感を放つ巨大肉!部分的に独特な香りと生姜の風味が…気になる人は気になるかもね。でも、凄く柔らかくてプレミアム感がイイよね。ごちそうさまでした!

 
とんこつクリスマス ※ 期間限定


豚骨専門店に勝るとも劣らない、しっかりスープ。飲み口が軽く、スッキリとしているけれど、旨味は濃厚。カエシの効かせ方やサクッとした食感の麺との相性も◎クリスマスをモチーフにしたトッピングも面白いな。

 
牡丹湯豆腐鍋のつけ麺 ※ 期間限定


生姜ってあまり好きじゃないんだよね(汗)でも、このつけダレはイイ感じ。甘酸っぱく、ピリッと爽快。生姜効果で身体ポッカポカ。魚介出汁も良く効いていて、マタギの存在感もしっかり。淡〜い、出汁に白菜の甘みと猪肉の旨味が溶け込んだ土鍋は、超熱々。つけダレにつけて素材の旨味を楽しみながら…あっ、麺の存在を忘れてた。もちろん、スープとの相性は良かったんだけど、途中から、麺はなくても良いかなぁ、なんて思っちゃった。

 
だし香る 汁スパゲッティ ※ 期間限定


また、なんかのっとる(笑)コレコレと同じとは思えない麺だね〜いろんな表情があって面白いわぁ。スープは、凄く上品で、あっさり。麺を啜ってオイルが減ってくると出汁の質感がより鮮明になり、鯛出汁の風味が堪能できるし、卵とトマトのスプレッドを馴染ませると、スープパスタみたいになって最後の最後まで楽しいなぁ。しっとり柔らかな鶏チャーシューも美味。

 
結構 手間かけた 特級焼きそば(番外メニュー) ※ 期間限定


ソースから麺まで手作り…めんどくさい事を(汗)焼きそばの感想って難しいわ。独特な食感の麺とオリジナリティーなソースが特徴的で凄いボリューム。しっかりと美味かったけど、味噌汁のほうが印象深かったな。山六出汁の効いた味噌汁…美味いに決まっとる。

 
〆サンマと小魚南蛮漬けのつけ麺 ※ 期間限定


ちょ(汗)いたずらが過ぎるぞwパリッパリッサックサックの骨と〆秋刀魚うまっ!甘酸っぱいつけ汁に南蛮漬けもイイネイイネ〜。自家製麺も良いぞ良いぞ。これ好き〜。

 
アーリオ・オリオ・IEK・ペロペロチンチーノ ※ 期間限定


ちょwメニュー名(汗)小松菜が青梗菜だったらヤバかったね(謎)ニンニクと唐辛子の牽引力って凄いなぁ〜。“パスタ”とも“まぜそば”とも言えない感じが面白いわぁ。猪フランクに垂らしたフレンチマスタードにエロスを感じるのは自分だけじゃないよねw

 
IEK 赤だし ※ 期間限定


甘くて渋くて濃いね〜味噌が。IEKスープの存在は味噌に飲み込まれ気味だけど、背脂とミンチがイイ仕事をしてるね。卓上のアイテムで味の変化を楽しむのもイイネ。

 
IEK 鹿バラ&スネのアラビアータつけ麺(辛口赤ワイントマト煮) ※ 期間限定


鹿バラ肉うまっ!脂身が激うま。とろけるような柔らかさではないけど、程好い弾力があって甘みが凄いスゴイ。肉マシ設定してよ〜。つけダレは、ネーミング通りの味わい。トマトの甘みとワインのコク、それに見え隠れする鶏豚スープの風味がイイ感じ。ピリッとした辛味に後味に残るにんにく。トマトではない酸味はなんだろう?オレガノの香りも好きなんだよね。自家製麺は、食べるたびに微妙に違う気がするな〜。ニュルニュル感が増した感じ。つけダレと麺の相性は凄く良いんだけど…途中で、麺につけダレをかけて食べちゃった(汗)汁ありタイプのほうがなんだかシックリくるようなこないような。

 
赤の冷やらーめん エビ天入り ※ 期間限定


うん、美味しい。でも、以前の味噌ダレの方がしっくりとくるな。濃すぎない味噌の風味に見え隠れする出汁感、ピリ辛海老香味油と胡麻の風味が良い感じ。白髪ネギと大葉、それに茗荷の清涼感も好きだな。エビ天はオススメアイテム。豆腐は、正直いらないかな(汗)

 
冷やし中華 皿鉢盛り ※ 期間限定


魚介の効いた和風出汁に深みのある醤油ダレ。さっぱり爽快のつゆに自家製の麺。それだけでも美味しいに決まってるよね。なのに、この量のお刺身。どれも美味かったなぁ。ラー油の辛味とニンニクの効いた大根おろしとの相性も◎でも、でも、麺量多すぎ〜(汗)

 
参州マタギ冷しそば 肉マシ ※ 期間限定


これ、食べておかないとアカンやつ。ジビエ(猪スープ)の冷たいのってこんなに美味いんだ!こりゃたまらん。魚介出汁がガツン、猪マロンッ。白醤油の効かせ方も素敵。炙りチャーシューも美味。う〜ん、イイ!

 
IEK Ponzu Light


あっさり爽快、すっきりIEK。ドッシリとした鶏豚スープに、デフォとは違った表情をみせるカエシ。鶏清湯も入れているらしいけど、自分にはわからないや(汗)アブラ少なめで、スルッと腹に納まるし、凄い牽引力。

 
ぶっかけ猪鹿スジ肉赤ワイントマト煮(オムそば風) ※ 期間限定 & IEK野菜盛り


スジ肉美味い、出汁の効いた玉子も美味い。トマトのソースも美味い。けど、何気に人参が一番美味かったりして。IEK野菜盛り…重いよ〜(汗)飲み口は思いのほか軽めだけど、後からドンと腹にくるね。

 
IEK Niboshi & 参州マタギつけ麺あっさり醤油


エグミを抑えた煮干し味のIEK。飲み口はあっさりとしているけど、濃度があるね〜。飲み干したらグロッキーになるな、きっと。卓上の酢を少しだけ入れるのが好き。マタギつけ麺は、甘くて酸っぱくてピリ辛。でも、質感しっかり魚も効いてるのね。自家製の麺とつけダレとの相性も上々。この日の猪のチャーシューは美味かった〜。

 
七二郎 野菜マシ肉マシアブラマシマシカラメ


うま甘しょっぱくて、うま味ガツン。濃厚ではないけど、豚や鶏がしっかりと主張。煮干しの旨味が入った背脂とにんにくパワーに釣られて余裕で完食…の予定が、体調のせいかな?後半はアップアップ(汗)食べ収めだと思うと少し寂しいね。

 
参州マタギそばプレミアム 塩


ライト白湯仕様になってからは初。清湯Ver.よりも増して節がガツンと効かせてあるんだね。旨味が強すぎて、少し食べ疲れる感があったけど、飲み干すことのできる、しっかりと美味い一杯。あっ、自家製麺もウマイね〜。

 
つけ麺・なな家系 ※ 期間限定


ビジュアルに反して、つけダレは思いのほかアッサリ。酸味が効いているからかな。スープ自体は、しっかり濃厚なんだけどね。「なな家系」と比べちゃうと、家系っぽくないなぁ…というのが正直な感想。でも、後半温度が低下すると「らしく」なるのが特徴だったかな。丼いっぱいの麺は、自家製。ツルッと喉越しが良くて、プリンッとした食感が素敵。スープの持ち上げも◎唐揚げ…これは腹にズッシリくるね〜。オプションの追い飯?もしたかったけど、断念。

 
ガチ造り 横濱 なな家系・改 (大盛/肉マシ/海苔マシ/味玉子)


結論から言うと前回ほどの感動はないけど、しっかりウマイね。でも、山六割りだからかな?濃度はあるけど、少し物足りない感じ(汗)超ウメ〜とはならなかったな。

 
桜鯛の油そば 鯛出汁あんかけ ※ 期間限定 ※ 期間限定


春だね〜。梅が入るのは今年が初かな?チャーシューもレアタイプに変わって、ワカメが加わったね。餡は、鯛の旨味がギュッと詰まったこのお店でしか味わえない逸品。桜の塩漬けとチャーシューの塩気、それに柑橘オイルと梅の爽やかさが絶妙にマッチしているし、鯛の田麩もウマウマ。ふすま入りの自家製麺は、緩めの食感で香り強め。他所では食べたことのない独特なモノ。個人的には、違う麺で食べてみたいなぁ…なんて思ってみたり(汗)

 
ネパールタンメン(ウソ) ※ 期間限定


和風餡かけカレー風味…もやしにキャベツ、パプリカ、しめじ、なばなと具沢山。後半、トロミがなくなってくると魚介出汁の風味が鮮明になってカレーうどんのような味わいに。食後、けっこうニンニク臭かった(汗)

 
ガチ造り 横濱 なな家系 ※ 期間限定


これ、食べておかないとアカンやつ。きっちり、細部まで真面目に作った家系インスパイア。いやぁ、参りました…ここまで家系してるとは思わなかったよ。スープが超濃厚でチー油もウマウマ。カエシの感じもまんま家系じゃんか。やるな!おっさん。

 
ぶっかけ鹿スジ肉の赤ワイントマト煮 ※ 期間限定


鹿肉うまっ!肉マシ設定しようよ(笑)コレをラーメン屋さんで食べられるなんて凄いわ。麺こそ違うけど、ちょいとお高いパスタ屋さんの味。深い…深いよ、味が。うん、うまい。

 
アヒルノの大合唱 ガァガァ ※ 肉全種盛り ※ 期間限定


ん〜爽やか。いつもとスープが違うからかな?節の感じ方が微妙に違うように思えたな。どう違うか説明できないけど。爽快な飲み口でスッキリとしたスープだけど、旨味が濃厚で凄い厚み。カエシの効かせ方もイイネ。鴨肉、鶏肉はしっとり。猪は香ばしくジューシー。鹿肉は適度な噛み応えと独特な風味が特徴的。しっかり満足。

 
えび香味そば ※ 期間限定


海老ラー油のピリッとした辛味にも負けないスープの旨味に醤油のコク。それに自家製XO醤が深みをプラス。自家製麺とスープの相性も◎海老味一色になっていないのがイイネ。

 
かきトマトの和え麺 & カキ味噌の台湾らーめん ※ 期間限定


かきトマトの和え麺のビジュアルは、まるでパスタ。でも、食べれば全くの別物。自家製XO醤の濃厚な旨味とオレガノの香り、それに牡蠣の旨味が凄いスゴイ。トマトの主張は控えめだけど、後味に残る背脂?の風味が良かったな〜。自家製麺もしっかりウマイ。カキ味噌は「赤」ではない、いままでお店にはなかった味噌味。なんだったかな?(汗)ニンニク、辛味、たっぷりミンチに自家製麺…うまいに決まってる。でも、もう少し辛いと良かったかも。

 
猪鹿味噌汁ラーメン ※ 期間限定


これ、白米が絶対に合うな。「けんちん汁」や「豚汁」に似てるよね。味が凄く深くて、厚みもあるし、香りがめちゃイイな。自家製麺もしっかりウマイ。

 
「むぎ蕎麦」 自家製無かん水玉子麺 ※ 1月2日のみ限定


ツルッとした舌触りと密度のある食感と風味…処女作とは思えない出来の麺だね。そんな麺に合わせるスープは出汁がしっかりと効いたアッサリ仕立て。背脂が良くも悪くも、主張してたなぁ。出汁の酸味とカエシのカドが少し気になったけど、キッチリ飲み干せる一杯。

 
2014 〆そば 〜濃厚マタギそば・肉盛りカーミバル〜 猪鹿 味ご飯付
※ 12月29日・30日の2日間限定


ドロドロコッテリだけが濃厚じゃないよね。脂分が殆どなくて、サラリとしていてもコレは、しっかり濃厚。鹿は正直わからないけど、節の風味が心地良く、ギュッと詰まった猪の旨味を堪能できたよ。4枚のるチャーシューは鹿。極僅かに香草の香りと内臓系に近い独特な風味があるのが特徴。もう一方の厚くカットされたものが猪。脂身がウマイね〜肉味もしっかり。フリッタータって言うのかな?ジャガイモとたまご、それにパプリカの入ったオムレツみたいな。これもうまかったよ。ただ、残念なのが麺…麺自体のコンディションだと思うけど、臭気が気になっちゃった…。

 
牡丹湯豆腐のつけ麺(大盛/シシ増マシ) & 参州マタギそば・プレミアム(醤油 )


寒いこの時期にこういうのを食べると温まるね〜。土鍋の中身は画像の通り。優しめの魚介出汁に猪肉の旨味が…もう最高。つけ汁は、甘酸っぱく、魚の風味も効いた爽やか仕立て。ジビエスープかな?独特のコクと、背脂の風味がイイ感じ。つるモチの麺は、土鍋に入れてあつもりにして食べるもよし、ひやもりで食べてもよしと凄く楽しい。味噌し立てとかでも食べてみたいなぁ。マタギそば醤油は、どことなく醤油が香ばしいのが特徴。結論から言うと、塩より好き。チャーシューがめちゃ美味かった〜。おまけは、クリスマスのアレ。ツリーなしバージョン。旨味の塊のようなスープだね(汗)オレガノの風味は好き嫌いが分かれるかも。麺は、自家製。え?自家製?運が良いと食べられるよ。

 
カキの台湾らーめん ※ 期間限定


「トッピングで牡蠣をのせてみました!」的なものじゃないよ〜コレ。イイ意味で想像していた味とは違ってた。スープ自体に牡蠣の旨味がギュッと詰まってるんだよね。ニンニクと辛味の効かせ方なんか絶妙だし、スープの素材感も活き活きしてたよ。

 
陳っぽい(本格的)麻婆豆腐鍋麺 (牡蠣入り) ※ 期間限定


隠れアイテムをかじって悶絶。食べ進むにつれて辛さが増すのね。頭皮が湿っちゃったよ(汗)辛くて(からい)辛い(ツライ)でも、うま〜い。花椒の香りでまた咽ちゃった。ライスは、必須アイテム。

 
塩麻婆豆腐鍋麺 (牡蠣入り) ※ 期間限定


辛さは優しいけど、不覚にも花椒の香りで咽ちゃったよ。ひやあつで提供されても熱いもんは熱い(汗)グッツグツだしね。タップリのミンチに椎茸、それにネギや豆腐など具が盛り沢山。麺の上に飾られた浅利などの食材もイイ味だね。追加トッピングした牡蠣もふっくら。あんかけスープは、ネーミング通り、塩味の麻婆。「なな家カラー」はないけど、しっかりとした味わいで、食べていて楽しいね。でも、もう少し辛さと痺れ感が欲しいかも。

 
きつね中華そば ※ 期間限定


凄い厚みのあるスープだね。香りも良いし、奥行きのある魚介の旨味は流石。柚子ポン酢で焼かれた豚肉は…ごめん、あまり好みじゃなかったよ。スープに味が移るとなんとも微妙な風味に(汗)

 
さ・し・す・せ・さんま〜 ※ 期間限定


秋刀魚一匹ドーン!なな家さんらしい凄いビジュアルだね〜うん、素敵。酢〆の秋刀魚がめちゃウマ。柚子味噌との相性も◎骨はカリッと香ばしくて美味。椎茸やシメジが入った、つけダレは、爽やか味噌仕立て。下のスープに何が使われているかわからないけど、魚も効いているし、ピリッとした辛味もイイ感じ。楽しいわ〜コレ。

 
皿そば 秋色 ※ 期間限定


スープパスタと油そばを足したような個性ある一杯。彩りも鮮やかだなぁ。秋色のポタージュスープは、しっとり滑らかな舌触りで優しい味わい。POPに書かれていた鮭は、あまりわからなかったけど、浅利の風味と野菜の甘みが好印象。麺は、しっかりと味が付いていて、なな家さんらしいカエシと背脂の風味を楽しめたよ。飾られたパーツの中で印象に残ったのが鶏天。和出汁の風味が染みたしっとりフワフワの食感が良かったなー。

 
マタギつけ麺スペシャル


酸味の効いた、あっさり甘返しチンタンスープの中には、猪の内臓と牛蒡がタップリ。猪の味はよくわからないけど、旨味が濃厚で、ここでしか味わえない個性溢れるつけダレ。うり坊の骨付き肉は、香ばしくて肉味が濃い濃い。ツルシコの細麺は、少量の出汁で和えられていてつけダレとの相性も上々。何gあるのかわからないけど、凄く多く感じたよ。

 
参州マタギそば・プレミアム(肉マシ)


上品で凄くアッサリだけど、ドッシリとした重厚なスープ。やべっ!めちゃくちゃ美味いぞコレ。節の風味も心地良いし、ジビエ感とカエシの効かせ方も絶妙だね。うまぁ〜。猪肉チャーシューから剥がれ落ちた胡椒が徐々にスープの味を引き締めていくのも素敵。パツンとした色白の麺は、最初から最後まで食感があまり変わらなくて、スープに麺の味が入らないのがイイネ。猪肉低温ローストチャーシューもウマウマ。参りました。

 
国士無双


にんにくタップリ、ピリ辛うま味ドッカ〜ン!七二郎っぽいスープの牽引力が凄いなぁ〜コレ。にんにくを沢山食べても、あまりニオイが残らないのが嬉しいよね。

 
冷やしエビ香味そば


エビ味一色になっていないところが凄いね。スープが海老に負けてない。まったりとした鶏の旨味もしっかりと堪能できるし、海老天やXO醤も美味。

 
参州マタギつけ麺 〜爽やかナイスミドル〜 肉マシ 


爽やかナイスミドルて(笑)何も言うまい。つけダレから強めに香るナンプラー。「このニオイなーに?」と店主に聞いてみよう。素敵な答えが返ってくるはず。スープは、どことなくアジアンチック。でも和も感じるし「なな家テイスト」もある爽快で独特な味わい。具もたっぷりで色んな味がして楽しい。ラー油で和えられた麺はキュッとしめられていて喉越しも上々。鹿肉のレアチャーシューもウマウマ。しっかり満足。

 
鮎とXO醤のクリーム中華パスタ


うん、パスタだ(笑)なな家さんがパスタを作るとこうなるんだねって感じの味。出汁感あり、ニンニク風味あり…卵黄と生クリームでマッタリクリーミーな味わい。ソテーした鮎も美味。自家製XO醤も海鮮類の旨味が詰まっていてイイ感じ。結構な量があって腹パン。

 
大とろろ冷ラーメン(鹿肉に変更) & 菜飯


コレめちゃくちゃ好き。出汁の効いたスープも美味いけど、しっとりきめ細やかなとろろが素敵。しっかりと魚介の風味がするし、麺を啜った時の舌触りがたまらんね。ピリッとしたラー油の刺激と魚香油も良いアクセント。鹿肉も美味いなぁ。〆の菜飯と、とろろの相性は悪いわけがないよね。大満足。そうそう、とろろに入っているあるもの…誰も気づかないって言ってたなー。自分も全く気づかなかった(汗)

 
参州マタギそば 涼 (肉マシ) & 残りのスープでXO醤茶漬け


肉マシにして「猪」と「鹿」の食べ比べができる設定が嬉しいよね。スッキリあっさりとした飲み口のスープは、旨味の層の厚さと弾け感が凄いスゴイ。スープ自体の猪や鹿の旨みを認識するのは難しいけど、上品かつ繊細な味わいは、流石なな家さんって感じ。でも、魚介のエグミかな?後味に残る苦味とカエシの強さが少しだけ気になったかな。あと、冷やし山六と比べると香味油の効きがイマイチだったような。〆はXO醤がのったライスにスープIN。残しておいたワサビ海苔ものせて…美味いに決まってるよ〜。

 
XO醤で食べるコーチン脂そば 鮎甘露煮ごはん付(鮎マシ) ※期間限定


提供された瞬間、細麺での油そばってどうなん?な〜んて思ったけど、いやいやコレなかなかイイじゃん。油とタレで麺を和えて具をのせてみました!的なモノとは違って、出汁も香るし脂もウマイ。うま味の強い自家製XO醤は牽引力のある辛さでウマウマ。鶏卵じゃなくて、うずらの卵を使っているのも納得できる仕立てだね。鮎の甘露煮、こちらも自家製。うまぁ〜。ご飯が進むすすむ。途中で山六出汁を入れたら最高だっただろうなぁ〜。

 
冷し山六そば シカ盛塩味 鹿肉マシ


当然だけど、カエシが違うと出汁の感じ方が全く違うね〜。香味油も控えめで醤油よりも素材感を楽しめる感じ。ワサビ海苔は醤油よりも塩との相性が良い気がするな。鹿肉は、部分的に特有の臭みみたいのがあったけど、美味いわぁ。

 
俺の冷やし中華


出汁から香るハーブはオレガノかなぁ?甘〜いトマトとオリーブオイルが相まって味わいは、イタリアン。でも、底味は和風…みたいな。鯖の身の塩気が更にトマトの甘み引き出していて、フルーツトマトのような旨味と甘味を楽しめるね。サラダ感覚でサクッと食べられるから、男性だと少し物足りないかもしれないけど、しっかりウマイ。あっ、鹿肉美味いね〜。

 
シシ盛り冷し山六 シシ肉マシ


6月7日のみ提供された、ちょっとレアな限定。気に入らない箇所があったみたいで…ブラッシュアップして近々また提供されるみたい。で、何がアカンの?って…シシ肉かぁ(汗)ちょっと、いや、かなりショッパイ(汗)肉自体は美味しいんだけどね。スープを一言で表すと「爽やか山六」。うん、うまい。鯛と柚子の香味油もイイ感じに効いていて、サラッと飲み干せちゃうね。別皿で提供されるワサビ海苔もスープとの相性が抜群。でも、入れすぎには注意。

 
マタギつけ麺ハーブトマト(大盛り) + 肉マシ×? & サバ茶漬け


POPにも書かれているけど、「和」でもないし「洋」でもない多国籍感のある面白い仕立てだなー。飲み口軽めで旨味は濃厚。後味サッパリ…。ん〜、食べ手(書き手)泣かせ?の一杯だよコレ(汗)いろんな味がするつけダレだから説明がムズイわぁ。「トマト」「魚」「なんかのオイル」「猪」「白しめじ」「ハーブ」あとなんだったかなぁ?ニンニクも入っていたような記憶。麺を覆いつくす猪肉うまいなー。ジビエシリーズの中でこの肉が一番好き。もっと増せば良かった。オプションのサバ茶漬けは、ちょっと鯖がショッパかった。鯛茶漬けで〆るのもありかもね。機会があったらチャレンジしてみよ。

 
シシ玉丼セット 煮干しそば付


おかしいだろ?(笑)カツ丼・小うどん付みたいじゃん。シシ玉丼がメインなのね。ふわとろ玉子に猪肉と玉葱…味はお店で確認してね。ラーメン屋さんの味じゃないよ、ウマッ!おまけの煮干しそばは、勝手にイメージしていた味とは違うなー。煮干し味の背脂がガツン。スープも煮干しニボイ。エグエグという訳でもないけど、上品でもない感じ。かと言ってお下品でもないし、表現しづらいっす。

 
参州マタギそば 〜 猟師鍋風 〜 (醤油)


あまり味噌が好きじゃない…そうか!だからこの醤油バージョンのほうが好みなんだ。でも、これのほうがスープの素材感がわかりやすいし、スッと胃に落ちていく感じ。前回、野性味を強く感じた猪肉は、臭みがなく柔らか。しまった、増せばよかった。

 
参州マタギそば 〜 猟師鍋風 〜 (赤味噌味) 肉マシ+モツ入り


スープを一口飲んで発した言葉は「中ライスをください。」これは、ご飯が進むわぁ。少し味噌の味が濃いめにも思えたけど、旨味の層の厚いこと厚いこと。微かにハーブ?の清々しい芳香があるのが特徴的で、味わいは、ややビター。節も効いているし、牛蒡や白菜、それに大根などの風味がスープに移っていて個性ある味に仕上がってるね。スープ自体の猪の旨味は正直わからないけど、野性味の強い猪肉や旨味の濃い大量のモツがイイ感じだったな。もし可能なら、土鍋で食べてみたいかも。

 
参州マタギそば 〜 猪白湯煮干し風味編 〜


あれ?ちょっと味が薄いなぁ、麺に味がのらないなぁ…な〜んて思ったのは、始めの一口だけ。油分がなく、あっさりとした飲み口だけど、旨味が超濃厚。煮干しの風味も良好。食べ進むにつれて旨味が増幅していく感じ。マタギシリーズの中で一番美味くない?これ。サッと炙った猪肉なんか最高。しし増し設定があったら間違いなくモリモリに盛るね。竹の子も良かったなぁ〜。大満足。

 
三河ブラック & 汁なし七二郎(アブラマシ)


三河ブラックて(汗)たまり醤油は一滴も使ってないこの一杯…ネーミングと味のギャップが凄いね。魚介香るスープは、とても淡く飲み口が軽やか。香味油の風味も良いし、鯛の田麩もウマウマ。「春近し、鯛そばトリニティ」より好きだなぁ。久しぶりに汁なしも。甘くてショッパくて重くて化調ガンガン。たまにはイイよね。

 
ジビエDE台湾まぜそば(シシ肉まし)


台湾まぜそばの定義みたいなモノがあるのね。定義その@から違う一杯だけど、ちゃんと台湾してるよ、コレ。台湾ミンチのかわりに、猪肉の炒め物。味は濃いめだけど、ウマイわぁ。シャキッとした玉葱の食感とネギの風味、それに肉の味を楽しめる絶妙なタレ加減がイイネ。にんにくと辛味が控えめになっているのもわかるなぁ。追い飯じゃなくてご飯のおかずとして食べるのがオススメかも。もっちり麺にからむ味は、醤油に魚。脂の甘味にスープも少し入っているのかな?麺だけでもイイ感じ。鶏だしたまごスープは超アッサリ。嬉しいアイテムだね。あっ、そうそう「春近し、鯛そばトリニティ」のラーメンバージョン。我侭言ってみましょう(笑)作ってくれるから。桜が散る前に。

 
春近し、鯛そばトリニティ


鯛が奏でる三重奏。上から下まで鯛づくしの一杯。醤油ダレと鯛の香味油、それにキャベツで和えられた麺の上からは、優しい塩味の鯛出汁の餡。そして一番上には自家製の鯛の田麩。桜の塩漬けや柑橘油がアクセント。もうね、香りだけで満足しちゃう感じ。食べても、もちろん大満足。先ずは食べてみて…コレはオススメ。

 
参州マタギつけ麺


てっきり、コッテリとしたスープだとばかり思っていたけど、凄く上品でアッサリなのね。爽やかなポン酢の風味がそう感じさせるんじゃなくて“猪骨スープ”自体に品がある感じ。飲み口は軽めだけど、ドッシリ濃厚みたいな。カエシの効かせ方も絶妙だね。何気にネギと水菜が良い仕事をしてるよね。これ好きだわぁ。チャーシューもしっかり旨い。

 
猪カレーつけ麺


ライスの小をください。いや大を。このカレー、ご飯にかけたら最高に美味かった〜。「天然鹿のカレーヌードル」とは異なったスパイシーな仕立てだね。野菜の甘味もしっかりと感じるし、風味豊か。猪肉も美味。1日限りの限定なんて言わずに、レギュラー化希望。

 
ジビエ de ベトコンラーメン


ファイア〜!リズム感のある鍋振りがカッコイイなぁ(笑)調理時に漂う香りがたまんないね〜。油の香りとスープの旨味をまとったシャキシャキ野菜に旨味の強い猪肉…もう、これだけでご飯三杯は食べられそう。スープも野菜の甘味が溶け込んでるし、醤油の効かせ方も凄く好み。にんにくと辛味は、POPに書かれている通り控えめだけど、これぐらいのほうがスープの持ち味を楽しめるよね。うん、うまい!

過去記事へ
inserted by FC2 system